電気自動車

ナトリウムイオン電池を搭載した電気自動車を公開

中国の科学者は、ナトリウムイオン電池を搭載した電気自動車を発表し、電気自動車市場におけるこの新技術の商業化のマイルストーンとなりましった。

この車は「Hua Xianzi (花の妖精)」と呼ばれ、中国で開催された第2回ナトリウムイオン電池に関する全国会議で発表されました。開発したのは、中国科学院物理研究所傘下のハイテク企業であるHiNa Batteryです 。

Hua Xianzi は特に小型のシティカーで、密度140Wh/kg、容量25kWhのナトリウムイオン電池を搭載しています。最大250kmの走行に十分な容量です。

press office
さよならリチウム?
Hua Xianzi は、世界で初めて「塩」(Na)電池を搭載した電気自動車です。この新しい化学は、リチウムイオン電池よりもはるかに安価であるため、電気自動車産業に革命をもたらす可能性があります。
press office
その違い
ナトリウムイオン電池は、リチウムイオン電池に比べてエネルギー密度が低いものの、低温性能に優れ、充電速度が速く、寿命が長いという利点があります。また、過熱しにくいため、安全性も高いのです。エネルギー密度が低いため、保存に適しています。
press office
Hua Xianzi のバッテリー
Hua Xianzi に搭載されているバッテリーは、エネルギー密度が低い(1kgあたり140wH)ものの、同容量のリチウムイオン電池に比べて30~50%コストが安いです。そのため、HiNa Battery Technology では、電気自動車の総コストを10%削減できるとしています。ただし、Hua Xianzi の価格はまだ明らかにされていません。
press office
いくつかの数字
デモカー「Hua Xianzi 」のバッテリーは、総エネルギー容量25kWhで、1回の充電で最大250kmの走行が可能です。リチウムの不足とコストは、バッテリー業界の長年の課題でした。 世界中の企業が長年かけて代替品を探してきましたが、ナトリウムイオン電池技術は最も有望な候補の一つとして浮上しました。
press office
未来は?
中国は現在、リチウムの70%を輸入しており、中国の電気自動車産業の発展は、金属の供給が限られていることと、最近の価格上昇により、苦しくなる可能性がある、とGuotai Junan Securitiesは述べています。HiNa Battery のゼネラルマネージャーLi Shujunは、同社が様々な電気自動車や電力貯蔵インフラにおけるナトリウムイオン電池の応用を促進すると述べました。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.