クラシックカー

マストレッタMXT:250psでロータス・エリーゼに挑んだメキシコのスーパーカー

メキシコで初めて設計・製造されたスポーツカーが、マストレッタMXTです。直列4気筒ターボエンジンを搭載したこのシャープな輪郭のクーペは、ボンネットの下で250馬力を発揮し、最高速度230km/hに達することができます。

アルミニウムとカーボンファイバーで作られたボディは軽量で操作性に優れ、公道での高速走行に最適です。

0-100km/h加速は5.9秒で、本物のレーシングドライバーになったような感覚を味わえるでしょう。ダニエル・マストレッタが、名車ロータス・エリーゼと競い合うというビジョンをどのように実現したのか、ご覧ください。

press office photo
マストレッタカーズ
マストレッタMXTは、1987年からレーシングカーを専門に生産しているメキシコのマストレッタ・カーズ社が生産するスポーツカーです。MXTは2008年のロンドンモーターショーで初めて公開され、その後2011年にメキシコで、2012年にヨーロッパで市場導入されました。
press office photo
フェザー級
マストレッタMXTは、軽くて俊敏なスポーツカーとして、唯一で個性的なデザインに仕上げました。ボディデザインは、1960年代から1970年代のレーシングカーにインスパイアされ、ソフトでありながらアグレッシブなラインが車体全面に走っています。
press office photo
モーター
マストレッタMXTは、コスワース社との共同開発による2.0リッターターボチャージャー付き4気筒エンジンを搭載し、最高出力250ps、最大トルク340Nmを発揮します。ギアボックスは6速マニュアルで、トランスミッションはリアに搭載されています。このパワフルなエンジンにより、MXTは最高速度250km/h、0-100km/h加速はわずか4.9秒を実現しています。
press office photo
インテリア
マストレッタMXTのインテリアは、快適性と機能性に重点を置いてデザインされています。運転席は高さと奥行きの調節が可能で、シートはレザー製、インストルメントパネルは特に充実しており、すべてのドライビングインジケーターがはっきりと見えるようになっています。インテリアは、上質な素材、目に見えるステッチ、アルミニウムのトリムが特徴です。
press office photo
ロータスと競合
ボディは主にアルミニウムベースの合金とカーボンファイバーでできており、最大重量は900kgです。構成は2シートです。ダニエル・マストレッタは、ロータス・エリーゼに対抗するために設計しました。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.