電気自動車

航続距離700kmを約束する電動ファストバックセダン「Volkswagen ID.7

Volkswagen ID.7 は、ドイツブランドのフラッグシップモデル「ID」です。新型電気旅行セダン「ID.7」は、2023年秋にまず欧州と中国で発売される予定です。北米は2024年を予定しています。当初の社内試算によると、86kWh(ネット)のバッテリーを搭載したID.7 Pro Sは、最大約700kmの航続距離を可能にします。

一方、77kWh(ネット)のバッテリーを搭載したVW ID.7 Proは、最大約615kmの航続距離を達成します。ID.7は、AR(拡張現実)機能付きヘッドアップディスプレイを標準装備するVolkswagen の最初のモデルとなります。クライメートコントロールとマッサージ機能を備えた新シートとインテリジェントエアベントを備えた新エアコンによる高い乗り心地を実現します。

Made in Germany; Volkswagenはドイツの電動モビリティ工場Emdenで、欧州・北米向けの新型「ID.7」を生産する予定です。

press office photo
大型電気サロンの様子
ID.7 は、長旅や静かな街中での運転に最適な電気自動車Volkswagen です。サルーンfast-back セダンのエアロダイナミクスデザインは、シャープで流れるようなラインに重点を置いています。新型ID.7は、全長4,961mm(ロングホイールベース2,966mm)と振動を制御した出来上がりになっています。
press office photo
エレガントで勢いのあるシルエット
ルーフとルーフピラーは光沢のあるブラックで、ルーフモールはアルミニウムルックです。エレガントなサイドデザインのもうひとつの特徴は、ウィンドウの付け根の下にある特徴的なラインです。このラインは、ヘッドライトからリアに向かって鋭い「カット」で走り、視覚的にID.7 の高さを下げ、シルエットに強いプラスのエネルギーを与えています。
press office photo
エアロダイナミクスを追求したフロントエンド
ID.7のカリスマ的なデザインは、特に彫刻的なボンネットと、デイタイムランニングライトとターンインジケーター用のスリムなLEDストリップを上部に組み込んだ、LEDヘッドライトによって特徴づけられています。LEDストリップはヘッドライトと一体化しています。バンパー下部には、ホイールアーチに向かうサイドエアインテーク(air curtain)が目立ちます。
press office photo
明確な構造を持つリア
リアでは、水平線がID.7の幅をマークしています。最強なのは、外側に伸びたLEDストリップで、両端のLEDリアライトクラスターです。LEDストリップの中央の白い部分は、ライトを点灯させたときだけ赤くなり、際立っています。エアロダイナミクスと美的特徴のための重要なディテールが、大きく開くトランクリッドの後縁です。バンパーとディフューザーの下はグロスブラックに塗装されており、力強さを感じさせます。
press office photo
新型15インチインフォテイメント
人と機械をつなぐ中心的なインターフェースは、視覚的に分離された38cm(15インチ)display touch の次世代インフォテインメント・システムです。グラフィックインターフェースとメニューは、機能の操作をできるだけシンプルに、直感的に、カスタマイズできるようにすることを目的に、広範囲に渡って再設計されました。ディスプレイは、常に視認できる2つのタッチバーに分割され、画面はHomeです。
press office photo
エレガントな車内
Volkswagen の電動トラベルセダンは、エレガントで完全に再設計されたインテリアで、ドライバーと同乗者を迎えます。ロングホイールベースにより、ID.7 は、フロントシートとリアシートの両方に、特に広いスペースを提供しています。ID.7 のインテリアの主なディテールは、運転席と助手席の前にあるソフトな布張りのダッシュボードで、明確な水平構造を特徴としています。
press office photo
Made in Germany
2023年後半には、ドイツ工場Emdenで欧州・北米向け「ID.7 」の量産を開始します。欧州市場での新トップモデル「ID.」の発売は秋を予定しており、先行販売の開始は夏を予定しています。また、中国にも導入される予定です。北米への導入は2024年を予定しています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.