スーパーカー

ランボルギーニ SC63:画期的なデザインと680馬力のV8で常識を覆すハイパーカー

アグレッシブなデザインのランボルギーニSC63は、ハイパーカーの世界に対するサンタガタ・ボロニェーゼの大胆なアプローチを反映している。

ルーヴェン・モーアが率いるデザインチームは、競争上の優位性を確保するために、すべてのコンポーネントをカスタマイズした。

他のメーカーとは異なり、ランボルギーニは680馬力のツインターボV8をゼロから開発することを選んだ。これによって、SC63はハイパーカーLMDhレースの分野で唯一の競争相手となった。

SC63は、ランボルギーニのエンデュランスプログラムに対する真剣な意志を示すマニフェストなのだ。

press office photo
ランボルギーニSC63の解剖学
完璧なランボルギーニスタイルのエッジの効いたデザインは、サンタガタ・ボロニェーゼのメゾンがハイパーカー・レースに取り組むアグレッシブさを即座に物語っている。規定された技術的レギュレーションとBoPの条件にもかかわらず、ルーヴェン・モーア率いる作業グループは、何事もチャンスに任せようとはしなかった。標準的な供給部品を含むすべての部品は、競争上の優位性を確保するためにカスタマイズされた。SC63は、ランボルギーニのエンデュランスプログラムに対する真剣な意志の表明なのだ。
press office photo
680psのツインターボV8
最高峰クラスのいくつかのメーカーは、コスト削減と信頼性の観点から、既存のエンジンでスタートすることを選択した。しかし、ランボルギーニはそうではなく、ハイパーカー-LMDhクラスのニーズに合わせて、680psのツインターボV8をゼロから開発した。3.8リッターの排気量は、全輪駆動のハイパーカーよりわずかに大きいとはいえ、ラインナップの平均値内だ。
press office photo
コールドVの選択
雄牛のV8は、エンジンバンクの外側に2つのターボをマウントしたコールドVコンフィギュレーションで誕生した。ランボルギーニの説明によると、この選択は冷却と給油を有利にし、重心を低くするためだという。これは、ターボを中央に配置したホットVを選択したフェラーリとの違いである。
press office photo
標準コンポーネントのカスタマイズ
LMDhのレギュレーションで義務付けられているように、このクルマには、WAEのバッテリー、ボッシュの電気モーター、エクストラックの6速ギアボックスなど、いくつかの標準供給部品が取り付けられている。しかし、これはランボルギーニがレギュレーションの範囲内ですべてのパーツをカスタマイズすることを妨げるものではない。例えばギアは、車の空力特性や2つのエンジンの供給戦略に応じて最適化されている。
press office photo
シャシーと空力のバランス
シャシーと空力の観点から見ると、設計者の目的は車の使用範囲を広げることである。荷重と空気抵抗の限界は規則によって定められ、風洞で承認されるが、それでもメーカーが差をつけることは可能である。目標は、あらゆる走行条件下で限界に近い最適なバランスと空力性能を確保することである。
アートギャラリー プライベートコレクション
22/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.