電気自動車

電気革命:ソリッドステートバッテリーにより、1回の充電で1000kmの航続距離を実現。

電気自動車メーカーNioは、1回の充電で1,000km以上の航続距離を保証する初のソリッドステートバッテリーを開発しました。

このイノベーションは、待望のET7サルーンやEC7 SUV-Coupéを含む3種類のモデルに、早ければ今年の夏にも導入される予定です。

WeLion が供給するバッテリーは、従来のリチウムイオン電池と比較して、安全性と性能の面で一歩前進しています。また battery swapは、ステーションネットワークにより、 Nioのどのモデルでもバッテリーを交換することが可能です。

press office photo
中国から怒涛のように
上海の電気自動車メーカーであるNioは、1回の充電で1,000km以上の走行が可能な世界初の電気自動車を生産する予定で、早ければ今夏にも市場に登場します。WeLionが供給する、150kWの容量を持つ固体電池を搭載します。この新しいタイプの電池は、早ければ2021年に導入すると発表していましたが、まもなく発売される可能性があるようです。
press office photo
関Nio 与したモデル
中国工業省とInformation Technologyに提出された報告書には、この固体電池を採用する Nio 3車種の名称は明記されていませんが、ET7サルーン、次期ES6、EC7SUV-Coupeと推測されます。しかし、この技術が旧型車や、定価を低く抑えたいET5ハッチバックに採用される可能性は低いと思われます。
press office photo
固体電池の特異性
battery swapは、Nioのすべての自動車用バッテリーに互換性があり、ステーションネットワークを通じて簡単に交換することができます。そして、ユーザーはサービスに加入するだけで、走行中のどのモデルにも固体電池を採用することができます。そのため、航続距離やバッテリー残量を気にせずに電気自動車を使いたい方にとって、魅力的な選択肢となります。
press office photo
固体電池
固体電池は、電気自動車産業における大きな前進です。リチウムイオン電池よりも比エネルギーが高く、航続距離が長く、充電時間が短いです。また、可燃性の液体を使用しないため、安全性が高く、オーバーヒートの問題も起こりにくいです。
press office photo
NioとWeLion
WeLion は、最初の自動車を市場に出す前から、長年にわたってNioと協力してきました。その結果、より効率的なバッテリーを製造することができるようになりました。このように、中国のメーカーは電気自動車の分野で最新の技術を取り入れ、より良い製品をお客様に提供しようと考えています。
ワイン, ビール, スパークリングワイン, シャンパン
18/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.