スーパーカー

フェラーリ・ラフェラーリ:963psのF1技術を使ったスーパーカー

Ferrariの LaFerrari は、2013年のジュネーブモーターショーで発表されました。ブレーキングやコーナリング時に回収したエネルギーをより多くのエンジン出力に利用できるこのHY-KERSシステムは、「跳ね馬」の市販モデルとして初めて搭載されたもので、Maranelloが開発した技術をFormula 1のロードカーに持ち込みました。  

このクルマには、ミッドマウントの6262cm³の自然吸気V12エンジンが搭載され、最高出力は800ps/9250rpmです。

HY-KERSシステムはさらに、エネルギー回生システム、関連する電気パワートレインによって開発された163psの追加出力により、総出力は963psに達します。

press office photo
2013年のこと
La Ferrari LaFerrari HY-KERSは、「跳ね馬」の市販車として初めてこのシステムを搭載した1台として、2013年のジュネーブモーターショーで発表され、同時に専用ウェブサイトでも紹介されました。このシステムは、F1メーカーが開発した技術をロードカーに導入することで、ブレーキングやコーナリング時のエネルギーを回収し、エンジンのパワーアップに利用することを可能にするものです。 Maranello
press office photo
斬新で個性的なDesign 
LaFerrari1960年代後半に登場した「カヴァリーノのスポーツプロトタイプ」からのインスピレーションを Maranello の hypercarに部分的に取り入れただけで、過去のスタイリングキューを具体的に取り入れたわけではありません。フロントには3枚の可動式ウィングがあり、加速、減速、コーナリング時に適切なダウンフォースを発生させ、車体のバランスを整えることを目的としています。また、リアにもエクストラクターとスポイラーを装備しています。
press office photo
エンジンパワー
このクルマは、ミッドマウントされた6262cm³の65°V12自然吸気エンジンを搭載し、最高出力800ps/9250rpmを発揮します。HY-KERS LaFerrari さらに、関連する電動パワートレインで開発された163psのエネルギー回収システムにより、総出力は963ps、最大総トルクは900Nmを超えます。最高速度は350km/hを超え、0-100km/h加速は3秒以下、0-200km/h加速は7秒以下、0-300km/h加速はわずか15秒を保証しています。
press office photo
技術革新
HY-KERS システムは、ブレーキや減速時に発生する運動エネルギーを回収し、そのエネルギーをエアコンなどのカーアクセサリーを駆動する電気モーターに分配することができるシステムです。運動エネルギー回生システムとスタートストップシステムは、二酸化炭素の排出を減らし、燃費を向上させます。
press office photo
性能と効率の完璧な組み合わせ
 LaFerrari Ferrariの LaFerrariは、2013年に500台のみ生産されたモデルで、その HY-KERS技術、革新的なエアロダイナミクス、非常に高いパフォーマンスレベルでの走行を可能にするエンジンパワーにより、パフォーマンスと効率の完璧な融合を表現しています。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.