ヨットクラブ

水素で飛ぶ、猛禽類にインスパイアされた105mのスーパーヨット「Soar」。

 ダヴィッド・ヴァイスがデザインした全長105mのスーパーヨット「Soar」は、大型の猛禽類が飛ぶときのエレガンスさをイメージしています。ブラックスチールの船体は鳥の頭に似た尖った形をしており、内外装の構造は鳥の骨格からヒントを得ています。

Soar は、水素燃料電池を搭載した高速クルーザーで、推定最高速度は30ノットです。

内装はさまざまなレイアウトが可能で、エンターテインメントを楽しめるオープンエリアや、モダンアートを展示できるギャラリーのようなスペースがあります。

photo David Weiss
船主の願い
Soarは、デザイナーDavid Weissにオーナーが依頼した105mのスーパーヨットです。デザイナーに与えられた課題は、大型の猛禽類の飛行からインスピレーションを得た船を作ることでした。その結果、先細りでしなやかなフォルムのヨットが誕生し、鳥の頭を思わせる光沢のあるブラックスチールの船体が特徴的です。一方、内部構造は動物の骨格から着想を得ており、デッキ間の大きな空間と通路が特徴的です。
photo David Weiss
船首の尖った形状
Soar は、船首の尖った形状が強みの一つで、スピード、効率、安定性を高めています。この高速クルーザーは、水素燃料電池を搭載し、推定最高速度は30ノットです。 Soar はまた、2つのヘリポートと小型電動クアッドコプターを搭載するための専用スペースを備えています。
photo David Weiss
インテリアデザイン
Soarの船内には、開放的なリビングエリアや、船体の中央部に設けられたオープンスペース、モダンアートを展示するギャラリーのようなスペースなどがあり、エンターテインメント性を重視したデザインになっています。特に興味深いのは、オーナーが所有するF1関連の彫刻や工芸品のコレクションを展示するために設計された高架のプラットフォームです。
photo David Weiss
内装の構成について
Soar のインテリアは、将来のオーナーの好みを考慮し、さまざまなレイアウトが可能なように設計されています。  ダブルプールは、家族で楽しめる船尾のプールと、前甲板のオーナー専用プール(8の字型カレントシステム)を組み合わせた構成です。Soarはまた、舵をメインデッキに配置し、 flybridgeの前甲板をオーナー専用スイートにすることも可能です。
photo David Weiss
海を望む開放的な景色
Soarのアッパーフリーボードの凹形状は上部が広がり、眼下の海を自由に見渡すことができます。これにより、水線半径を14.3mに固定しながらも、上甲板のスペースを広く確保することができました。外装のしなやかで流れるようなラインは内装にも反映され、中央のリング階段がデッキをくぐり抜け、天然素材やファブリックのコレクションが配置されています。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.