電気自動車

エレクトリファイング・ルネッサンス:BMW 5シリーズは、スタイル、テクノロジー、パワーで刷新され、未来に挑戦します。

BMW 5シリーズの生まれ変わりは、バイエルンのフラッグシップ・サルーンを新たな高みへと導くものです。美観と機能を徹底的に見直し、アグレッシブで目を引くデザインを採用することで、より堂々とした姿になりました。

新しい車内は、計器類とインフォテイメントが一体となった「BMW Curved Display」で占められています。しかし、本当の革命はボンネットの下にあります。5シリーズはi5バージョンで電気自動車時代に突入します。 その中でもM60 xDriveは、601psのツインエンジン、3.8秒の0-100km/h加速、最大516kmの航続距離を誇るi5は印象的です。

驚きの連続のクルマが、かつてない進化を遂げました。

press office photo
BMW 5シリーズの新たな幕開け
BMW 5シリーズに新たな命が吹き込まれます。スタイリングの進化、新しいインストルメントの採用、そして史上初の電気自動車の採用による製品レンジの変革など、バイエルンのベンチマーク・サルーンは、上から下へと変化していきます。
press office photo
サイズの成長
ニューBMW 5シリーズは、全長が97 mm伸びて5.06 m、全幅が32 mm(1.90 m)、全高が36 mm(1.52 m)となりました。ホイールベースも20mm長くなり、合計でほぼ3フル・メートルになりました。
press office photo
正面からのデザイン
BMWのフロントエンドは、4シリーズやXMよりも抑制されたプロフィールを維持しながらも、よりワイドなダブルキドニーグリルや細く角度のあるLEDヘッドライトで、怒りの表情を模した威嚇的なものとなっています。
press office photo
リアデザイン
一方、リアでは、水平に展開されたラップアラウンドヘッドランプが、クルマをよりワイドに見せています。
press office photo
パッセンジャーコンパートメントにおける革新的な技術
コックピットでも革新は続いており、主にダッシュボードが先代から一新されています。
press office photo
インフォテインメント
BMW Curved Display は、運転情報用の12.3インチパネルとインフォテインメント用の14.9インチスクリーンで構成される、技術的な計器が支配的です。
press office photo
BMW 5シリーズの電動化について
5シリーズのラインナップは、高度に電動化されています。まずは、バッテリー駆動のi5からご紹介します。
press office photo
の力を発揮します。M60 xDrive
 しかし、M60 xDriveの最もパワフルなのは、601psと795Nmを発生するツイン電気モーター(M Sport BoostまたはLaunch Control使用時で820Nm)、0-100km/h 3.8秒、最高速度230km/h、455~516kmの航続距離を持つことです。
press office photo
eDrive40 の指標
eDrive40 は、0-100km/h加速6秒、最高速度193km/h、WLTP航続距離477~582kmを実現するため、発売時には340psと430Nmの電気モーターをリアに搭載したモデルを選択することができます。
press office photo
AC充電オプション
電気自動車である5シリーズは、ACでは最大11kWの充電が可能ですが、オプションのパッケージにより、これを22kWまで増やすことが可能です。一方、DCでは最大205kWまで受け入れ、約10分で156kmの充電を実現します。
アートギャラリー プライベートコレクション
20/05/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.