スーパーカー

フェラーリF40 Grigio Nardòは、1000bhpのユニークな宝石ですが、「誰も欲しがらなかった」のです。

2度のオークションで落選したフェラーリF40Nardò Grey が幸運なオーナーに巡り会えました。このスーパースポーツカーは、Michelotto により1000馬力を下回ることなく設備され、その驚くべきパワーにもかかわらず、買い手から敬遠されました。

しかし、3回目のオークションで、ある幸運な買い手が275万ドルを出して、この息を呑むようなスーパーカーを持ち帰ることにしたのです。

1989年に製造され、Ferrari/Porsche Challenge シリーズに参戦するために改造されたこの車は、Carrozzeria ZでNardò Grey のカラーリングで最終レストアを受けました。

photo instagram @oldtimegarage
華麗なるone-off
ここ数ヶ月の間に2度もオークションに出品され、意外と誰にも購入されなかった見事なフェラーリF40Nardò Grey が、このたび落札され、やっと売却が成立しました。
photo instagram @oldtimegarage
1000馬力にも及ぶ
フェラーリF40は、「カヴァリーノ・ランパンテ」誕生40周年を記念した伝説の「ロッサ」の実質的なレーシングバージョンで、1,000馬力という圧倒的なパワーを放つ、まさに路上の「獣」です。
photo instagram @oldtimegarage
美しいが、ややいびつな形
このクルマは、オリジナルバージョンでもすでに素晴らしいクルマです。そして、このバージョンでも、息を呑むような素晴らしさを表現しています。しかし、このスーパースポーツカー自体が、バイヤーからやや敬遠されていたのは残念なことです。
photo instagram @oldtimegarage
ファーストオークション
フェラーリF40Nardò Grey が初めてオークションに出たのは、昨年2022年8月のことでした。
photo instagram @oldtimegarage
評価されなかった
しかし、このクルマを購入することを決めた人はいませんでした。買い手がその価格に少し怯んだからか、あるいは「ロッサ」そのものがオリジナルではなく、用意されたものであったからか。
photo instagram @oldtimegarage
第3回オークション
2度目も同じシナリオでした。“誰も欲しがらない”フェラーリF40は、1月21日から29日まで、スコッツデールのバレットジャクソンで3度目のオークションにかけられました。
photo instagram @oldtimegarage
275万ドルを要した
今回、ある幸運な買い手は、275万ドル(約254万ユーロ)を支払って、スーパースポーツカーを手に入れることにしました。
photo instagram @oldtimegarage
Ferrari/Porsche Challengeにて
フェラーリF40Nardò Grey は1989年に生産され、Michelotto によって準備されました。オランダのディーラーKroymans Automotive に納車された後、Ferrari/Porsche Challenge シリーズに参戦するため、黄色のカラーリングに変更されました。
photo instagram @oldtimegarage
パッシングハンド
この車はその後、コレクターのミシェル・オプレの手に渡り、1000psという驚異的なパワーを発揮して、さらに驚異的な車にすることにしました。
photo instagram @oldtimegarage
Nardò Greyでフィナーレを迎える
最後にマラネッロの「カロッツェリアZanasi 」、現在のカラースキームNardò Greyで、最後の引き渡しとレストアを完了しました。
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.