スーパーカー

アストンマーティン・ヴァロア:アストンマーティン創立110周年を記念した715馬力の限定車

アストンマーティン・ヴァロアは、715馬力のV型12気筒エンジンを搭載し、英国車110年の歴史を凝縮したカスタムカーである。 生産台数は110台のみで、すべてゲイドンで製造される。

1977年のV8ヴァンテージと1980年のRHAM/1マンチャーからインスピレーションを得たヴァロアは、カーボンファイバー製ボディワーク、スタイル変更されたグリル、LEDヘッドライト、デザインの中に「隠された」エアロダイナミクスのディテールが特徴だ。

インテリアはクラシックとモダンが絶妙にミックスされ、上質な素材がふんだんに使用されている。生産開始は2023年。

press office photo
祝賀プロダクション
アストンマーティン・ヴァロアと呼ばれるこの新型カスタムカーは、715bhpのV12を搭載し、マニュアルギアボックスが組み合わされる。現行のヴァンテージをベースとするヴァロアの生産は、2023年第3四半期にゲイドンの工場で開始され、同年第4四半期に最初の納車が予定されている。
press office photo
美的特徴とデザイン
アストンマーティン・ヴァロアは、1977年のV8ヴァンテージと1980年のRHAM/1マンチャーにインスパイアされたモデルで、カーボンファイバー製のボディは、クーペらしいプロポーションを持ちながら、筋肉質でエレガントなデザインとなっている。ボンネットには大きな馬蹄形のエアインテークと2つのNACAダクトがあり、ツインターボV12が「呼吸」する。アストンマーティンの典型的なグリルデザインは進化を遂げ、よりモダンでミニマルなものになった。中央部分にはアルミニウムのスラットが織り込まれている。
press office photo
性能と技術的特性
アストンマーティン・ヴァロアのインテリアは、クラシックとモダンが完璧にミックスされており、マニュアルギアレバー(カーボンファイバー製またはウォールナット製)がその中心となっている。削り出しアルミニウム、チタン、カーボンファイバー、ウォールナットなど、上質な素材がふんだんに使われている。アストンマーティン・ヴァロアのボンネットの下には、最高出力715ps、最大トルク753Nmの5.2リッターV12ツインターボが搭載され、カスタムデザインの6速マニュアルギアボックスが組み合わされる。さまざまな走行条件に最適なように設計された3つの走行モードがある:スポーツ、スポーツ+、トラックだ。アダプティブダンパー、スプリング、アンチロールバーを備えた特注のサスペンションと、ねじれ剛性を向上させるためのサポートが追加され、ダイナミックな資質が確保されている。
press office photo
ルミナスデザインと空力付属物
特徴的なのは、LED技術を採用した丸いヘッドライトで、かなりクラシックな形状をしている。デザイナーは、アストンマーティン・ヴァラーに強い個性を与える一方で、エアロダイナミクスの付属物をボディワークの中に「隠す」ことにした。大型のフロント・スプリッターとフロント・ウイングのエアインテークは、実際に車の側面に組み込まれている。
press office photo
インテリアとエクステリアの美学の詳細
サイドから見ると、傾斜したルーフの形状が特徴的で、頂点が発生しないように採用されたエアロダイナミクスエレメントによって囲まれた傾斜したリアウィンドウへと流れ込んでいます。特徴的なダックテールスポイラーを備えたテールと、ライトステンレス製の3本のエグゾーストテールパイプを際立たせるディフューザーエリアが、このクルマのダイナミックなデザインを完成させている。手描きのストライプやグラフィックは、21色のペイントカラーからお選びいただけます。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.