クラシックカー

歴史を刻んだ10台のイタリア車

自動車は、あらゆる時代の夢と憧れのシンボルとなっています。そしてイタリアでは、その歴史は産業や経済、そして技術やデザインの成長とリンクしながら、その瞬間を忘れられない形で刻んできました。

イタリアには、確かに記憶に残るクルマがたくさんありますが、ここでは、歴史の背景や変化に特別なものを残してきた10台を選びました。

優秀なイタリア人は多様な分野でその才能を発揮しますが、自動車分野ほど、ベル・パエーゼが経験したあらゆる時代をこれほど詳細に投影した分野は他にないでしょう。

foto Wikipedia
フィアット 501
フィアット501は、イタリアの自動車メーカー、フィアット社が1919年から1925年にかけて生産した自動車である。このクルマのさらに重要なところは、アメリカのフォード社がヨーロッパ市場に入り込もうとしたときに、フィアットがそれに応えたことである。1919年当時は、イタリアだけでなくヨーロッパ諸国も経済的に厳しい時代であった。
foto Wikipedia
フィアット 508 バリラ
1929年の経済危機では、フィアット、ランチァ、アルファロメオといった大手自動車メーカーだけが価格を下げることで救われた。これらのイノベーションを完全に象徴する車が、1930年代に生産され、イタリアで大衆モータリゼーションとして始まったフィアット508バリラである。
foto Wikimedia
アルファロメオ 6C 2500 SS カブリオレ Pininfarina
アルファロメオ6Cは、1925年に発表され、1927年から1953年までイタリア・ミラノのポルテッロ工場で生産された、さまざまなバージョンや進化を遂げた自動車のシリーズ名である。6気筒の頭文字をとった「6C」は、全モデルが搭載していたエンジン形式を表している。
foto Wikipedia
フェラーリ 125 S
フェラーリ125Sは、1947年に設立されたばかりのイタリアの自動車メーカー「フェラーリ」が最初に製造した、わずか2台の車である。1947年3月12日、Enzo Ferrari によって新たに組み立てられた「125 S」の最初のエンジンが始動した。
foto Wikipedia
アルファロメオ ジュリエッタ スパイダー
アルファロメオ・ジュリエッタ・スパイダーは、イタリアの自動車メーカー、アルファロメオ社が1955年から1962年まで製造した乗用車だ。非常に正確な仕上げを備え、成功したモデルである。初期のプロトタイプは、パノラミックウインドシールドスタイルの「アメリカ」と、オープンルーフに取り付けられたスライド式サイドウインドウが装着されていた。
foto Wikipedia
ランボルギーニ400GT
ランボルギーニ350/400GTは、イタリアの自動車メーカー、ランボルギーニ社が最初に生産した乗用車である。1964年から1968年にかけて416台製造された。
foto Wikipedia
ランチぁ・デルタ
1979年、1980年代のイタリアを代表する車、ランチァ・デルタが発売された。アグレッシブなデザインは、当時最も愛されたミッドレンジスポーツカーだった。そして、HF仕様で1980年代のラリーの大主役となる。
foto Wikipedia
フィアット・ムルティプラ
フィアット・ムルティプラは、イタリアの自動車メーカー、フィアット社が1998年から2010年まで生産していたミニバンである。1999年、ニューヨーク近代美術館で開催された「Different Roads」展において、マス・モータリゼーションの新しい潮流を示す一例として取り上げられ、国際的に注目された自動車製品である。
foto Wikipedia
フィアット500
2007年は、新フィアット500の誇る新たな歴史の年だった。フィアット500は欧州で生産台数100万台を達成し、イタリア国内外において多くの賞を受賞した。
foto Wikipedia
フィアット・ジュリアとステルヴィオ
テクノロジーと未来。アルファロメオ・ジュリアとアルファロメオ・ステルヴィオは、スタイルとデザインの面で革命的なクルマだ。美的に魅力的なこのフラッグシップとSUVは、国際的な賞賛を得ている。
アートギャラリー プライベートコレクション
25/02/2024
凶暴な動物たち
29/02/2024
タブレットPCとテクノロジーガジェット
24/02/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.