クラシックカー

トヨタRV-2、1970年代の革命的なRVはステーションワゴンであった

トヨタRV-2は、1972年に発表された画期的なモーターホームのコンセプトカーです。レジャーやアウトドアを楽しむ人々のニーズに応えるべくデザインされたこの唯一な車は、その未来的な構造と革新的な機能で人々の注目を集めました。

トヨタRV-2は、折り畳み式の延長システムによって車内を拡大し、就寝スペースやレジャースペースを確保することができました。

トヨタRV-2は、アウトドア派や旅好きな人たちのために設計されました。

press office photo
トヨタによる未来的な創造
トヨタRV-2は、1972年の東京モーターショーで初めて公開された革新的なコンセプトカーです。日本のトヨタがデザインしたこの革新的なクルマは、クルマの機能とモーターホームの機能を融合させ、旅行者に唯一で快適な旅の体験を提供するものでした。近未来的なデザインと斬新なインテリアレイアウトで、モーターホームの世界に忘れがたい足跡を残しました。
press office photo
カーキャンプの初実験
トヨタRV-2は、日本のメーカーが初めてキャンピングカーの世界に飛び込んだわけではありません。1971年に発売されたRV-1は、RV-2に似たスタイルを持ちながら、キャンピングカーを収容するための異なる(そして快適ではない)解決策を提示し、コンセプトをリードしていました。それはコンバーチブル・トレーラーです。
press office photo
Toyota RV-2の特徴
全長4.72メートル、全幅1.78メートル、全高1.31メートル、ホイールベース2.71メートル、リアサイドパネルを開くことで室内空間を大幅に拡大することができる日本独自のコンセプトです。ルーフにはテントを取り付けることができ、フロントシートを倒せば、大人用のベッドが4つできます。また、外で食事をするためのテーブルと小さな椅子が標準装備されています。ただし、クッカーや冷蔵庫はなく、アウトドア用品専用のコンセントがあったかどうかは不明です。
press office photo
エンジン
RV-2は、トヨタ・クラウンのシャシーをベースに、2.4リッター、130馬力の直6エンジンを搭載し、190km/hの走行が可能でした。実用的で速く、生産コストを下げるために実績のあるメカニズムを採用し、すぐにでも生産が開始されそうでした。
press office photo
プロジェクト終了のお知らせ
しかし、自動車ユーザーからの関心は期待ほど高くなく、トヨタRV-2の市販版は失敗する危険性がありました。その結果、世界中のキャンパーは、キャンピングカー、キャラバン、テントのどれかを選び、第4の選択肢を持たない状態が続いていました。
アートギャラリー プライベートコレクション
22/06/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.