クラシックカー

ジョン・レノンのロールスロイス・ファントムV:英国を代表する車のサイケデリックな旅路

ジョン・レノンとRolls Royce Phantom V の物語は、1960年代のサイケデリックな美学を完璧に表現したユニークで高級な車の話です。1964年に11,000ポンドで購入されたこの車は、全体が深いバレンタイン・ブラックに塗られ、机、レコードプレーヤー、ポータブルテレビ、冷蔵庫などの特注インテリアが取り付けられていました。

しかし、1967年、レノンはこの車をサイケデリックな色に塗り替え、車輪の上の芸術作品に変身させました。

この破壊的な主張によって、このロールスロイスは1960年代のカウンターカルチャーのアイコンとなったのです。

photo Getty Images
個性的なロールスロイス
Rolls Royce Phantom V は、エリザベス2世、クイーンマザー、そしてエルビス・プレスリーなど、数々の著名人が所有してきた伝説の一台です。  しかし、ジョン・レノンのPhantom Vは唯一無二の車と言われています。鮮やかな花柄のサイケデリックなデザインで覆われたこの車は、「ビートルマニア」と1960年代のポップカルチャーを直接物語っていました。
Getty Images
ジョン・レノンの買取について
Rolls Royce Phantom V は、わずか514台しか生産されなかった、当時最も高級なモデルのひとつです。ジョン・レノンは、当時のマネージャーであったブライアン・エプスタインを抜くために購入を決意し、当時の金額で約11,000ポンドを費やしました。
photo Flickr
ジョン・レノンの運転が下手だった
レノンは運転が下手なことで知られていたため、免許取得後はレス・アンソニーというボディガードを専属運転手として雇っていました。 レノンのPhantom Vは黒革の内装で、机、レコードプレーヤー、ポータブルテレビ、バーキャビネット、冷蔵庫など豪華な設備が整っていました。
photo Flickr
インスピレーションの源
1966年、スペインで映画『How I Won the War』を撮影していたレノンは、このPhantom Vを連れて行き、車の後部座席で「Strawberry Fields Forever」を作曲しました。イギリスへ帰国後、この車は新しい塗装が必要になりました。
photo Flickr
破壊的な時代の変化
レノンは、エレガントな黒の外装に飽き足らず、赤、黄、緑、青に花のモチーフと渦巻きをあしらった鮮やかなアール・ヌーヴォー調のデザインで塗装を施しました。レノンはこのクラシックカーを、1960年代のカウンターカルチャーと密接に結びついたデザインで塗装することを選択し、深く破壊的な声明を発表しました。 このクラシックカーの改造は、同時代の人々にショックを与えましたが、今日では1960年代のカウンターカルチャーの象徴として、当時のサイケデリックな美学へのオマージュとして捉えられています。ジョン・レノンのRolls Royce Phantom V は、確かに唯一無二の存在なのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
12/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.