クラシックカー

300馬力の1960年代の傑作、ランボルギーニ・イスレロGTクーペの革新性

1968年のジュネーブモーターショーで発表されたランボルギーニ・イスレロGTは、400GTのメカニズムをベースに大きな変更を加えることなく、張りのあるクリーンなラインを持つクラシックな2+2 3ボックスクーペでした。

ブースには、その極めてシンプルなスタイルと、ランボルギーニのより個性的なエスパーダも同時に展示されていたため、ランボルギーニ・イスレロはほとんど注目されず、熱狂的な支持を得ることはなかったのです。

しかし、この新しい「トーロ(闘牛の意)」クーペは、快適で、静かで、素晴らしい(4リッターV12エンジンの320馬力のおかげ)もので、フェルッチオ・ランボルギーニが自分の愛車として選んだほどでした。

press office photo
自動車の伝説
ランボルギーニ・イスレロGTは、名車ランボルギーニ350GTの後継モデルとして1960年代初頭に誕生しました。堂々としたデザインとしなやかなライン、そして細部まで作り込まれたこのボライドは、カーマニアの間で最も人気のあるモデルのひとつとなっています。
press office photo
デザイン
ランボルギーニ・イスレロのデザインはベルトーネ兄弟が担当し、個性のあるクルマを作り上げました。大胆でしなやかなライン、堂々としたフロント、洗練された技術に裏打ちされたインテリア。イタリアンデザインの黄金期にデザインされたイスレロGTは、イタリアのクリエイティビティの真髄を高らかに宣言しています。
press office photo
メカニクス
ランボルギーニ・イスレロGTは、“闘牛の家”の伝統を受け継ぎ、パワフルで革新的なメカニックを搭載しています。4リッター、300馬力のV12エンジンに5速マニュアルギアボックスが組み合わされ、わずか6秒で100km/hに到達する驚異的な推進力を発揮します。最高速度は260km/hです。
press office photo
インテリア
ランボルギーニ・イスレロのインテリアは、上質な素材を織り交ぜた非の打ちどころのないデザインになっています。車内は広々として快適で、すべてのドライバーに最適なドライビングポジションを作るための調整可能なクッションを備えています。ダッシュボードはハイテクで、車を簡単かつ正確に操作するために必要なすべてのコントロールが完備されています。
press office photo
パフォーマンス
ランボルギーニ・イスレロGTは、1960年代から1970年代にかけて、モーターレースのスターでした。その速さを武器に、数々の選手権で重要な勝利を収め、デザインの優雅さだけでなく、サーキットでのパフォーマンスも高く評価されました。
press office photo
価値観
ランボルギーニ・イスレロGTは、その希少性からクラシックカー愛好家にとってまさに宝石のような存在です。現在、イスレロGTの価格は100万ユーロに達することもありますが、その価値は時間とともに高まっていくでしょう。イスレロGTを購入することを決めた人は、安全な投資、そして決して流行り廃りのない自動車の歴史の一部を手に入れる機会を得ることができるのです。
アートギャラリー プライベートコレクション
14/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.