スーパーカー

フェラーリKC23:カヴァリーノ・ランパンテの最高級スーパーカーがグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードに登場

フェラーリは、フラビオ・マンゾーニ率いるセントロ・スタイル・フェラーリが、裕福なエンスージアストのためにワンオフでゼロから製作した新型スーパーカー「KC23」を発表する。

2020年型フェラーリ488 GT3 Evoをベースに、3年の歳月をかけて開発されたこの珠玉の自動車は、サーキットでの非競技専用車としてエキサイティングな走りを約束する。

KC23スーパーカーは、その革命的なエアロダイナミクスの選択により、外観で魅了し、アクションでアドレナリンを刺激するように設計されている。グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードとマラネッロのフェラーリ・ミュージアムでこのスーパーカーを鑑賞するチャンスをお見逃しなく。

press office photo
世界最新のフェラーリ
KC23と呼ばれるこのクルマは、フェラーリの最新ワンオフ、つまり世界に1台しかない、跳ね馬のファクトリーから出荷されたものだ。マラネッロの裕福なエンスージアストとコレクターの依頼を受け、フェラーリ・スペシャル・プロジェクト・プログラムに従って、フラビオ・マンゾーニ率いるフェラーリ・スタイル・センターのデザイナー・チームとともに開発された。全工程には3年以上を要し、その間、顧客は開発とデザイン検証の全段階に関与した。
press office photo
KC23とパブリックスペース
ニュルブルクリンク24時間レースで優勝した最近の296GT3ではなく、2020年のフェラーリ488GT3 Evoをベースにしているのもこのためだ。2023年7月13日から16日まで、KC23はグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードの主役となり、8月1日から10月2日まではマラネッロのフェラーリ・ミュージアムに展示される。
press office photo
KC23の美的特徴その1
KC23の狙いは2つあった。静止した状態から見たときのエレガンスで魅了すること、そしてピットレーンを離れたときに、自動で開くエアインテークや堂々としたリアウィングなど、画期的なエアロダイナミクスの選択によって刺激させること。時代を超越したラインを実現し、未来のスーパースポーツカーのデザインを予感させること。これが、KC23のデザインにおけるフェラーリ・スタイルセンターの挑戦であった。その結果、唯一でエクストリームな、ホモロゲーションフリーのクルマが誕生した。
press office photo
KC23の美的特徴その2
インテリアについては、ドアパネルを除き、2020年型488 GT3 Evoと可能な限り基本的で類似したものに保たれている。ステアリングホイールとセンターコンソールにはサーキット走行用の機能が満載され、エンジン温度やサーキットでのパフォーマンスに関する情報が表示される。アルカンターラ製で電縫ロゴ入りの専用シートが、キャビンにエレガントなレーシングカー風の外観を与えている。
press office photo
KC23のパフォーマンス
シルエットがまったく異なるにもかかわらず、2020年型488 GT3 Evoのパフォーマンスを維持するために、KC23では大きな作業が行われた。エンジンは、最高出力600bhp、最大トルク700Nmを発揮する3,902cc V型8気筒ミッドリアツインターボ。個性的なフェラーリでサーキットを楽しむには十分な(そしてたぶんそれ以上かもしれない)性能だ。
アートギャラリー プライベートコレクション
23/04/2024
Informativa ai sensi della Direttiva 2009/136/CE: questo sito utilizza solo cookie tecnici necessari alla navigazione da parte dell'utente in assenza dei quali il sito non potrebbe funzionare correttamente.